HOME>葛飾と言えば商店街>葛飾と言えば商店街

特におすすめしたい3つの商店街

東京23区の北東部に位置する葛飾区は、水や緑など豊かな自然が残る町です。その一方で大都会といったイメージの場所は比較的少なく、大規模な商業施設も数えるほどです。しかし、葛飾の商業に魅力がないというわけではありません。現代風の大型店にはない昔ながらのふれあい溢れる商店街が豊富なのがこの町の特徴です。その中でも特におすすめのスポットを3つ紹介します。まず最もよく知られているのが、柴又帝釈天の門前町です。こちらは言うまでもなく映画『男はつらいよ』の舞台であり、正式には「柴又参道商店街神明会」といいます。通りの両側には土産物店や食事処が建ち並び、今も映画の名場面そのままの景色が広がります。その独特の風情には、ファンならずとも魅了されること間違いありません。また同じく有名どころでは、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で主人公が活躍する亀有もおすすめです。JR亀有駅の周辺には計6つの商店会があり、生活密着型の元気な商店街を形成しています。あちこちに建てられた登場人物たちの銅像を探しながら、街歩きを楽しんでみるのも良いでしょう。そのほかにも京成線の立石駅を中心としたエリアには、アーケードを持つ2つの商店会を中心として個性的で味のある店が集まっています。今では全国的にも珍しくなってしまった昔懐かしい商店街の雰囲気を色濃く残す魅力的なスポットです。葛飾区にはここで紹介した3か所以外にも、ぜひ訪れてみたい魅力的な商店街が数多くあります。たまにはタイムスリップ気分で出かけてみるのもおすすめです。

もっと見る